医療

違いを知ることが大事

聴診器

クリニックに通おう

新型うつ病と旧来のうつ病では、大きく違うポイントがいくつかあります。それは、旧来のうつ病とは違い新型うつ病は、好きなことをしている時には、抑うつ症状が出ないということです。そのため、わがまま病のように取り扱われてしまうこともあります。こうした違いを知っておくということは、とても大事です。慢性的に抑うつ的な症状が出ないという点がもっとも大きく違うポイントです。新型うつ病は、突然涙が出たり、感情のコントロールをすることが出来なかったりなどの症状出ることもあります。また、周囲に理解されにくいということから、そうした対応にますます抑うつ症状が悪化してしまうことも多いです。新型うつ病の治療に関しては、気分安定薬のリーマス、デパケン、テグレトールなどが有効だとされています。リメロン、リフレックスなどの新薬を併用して治療を行っていくこともあります。こうした薬ほ症状によって使い分けていくということが医師に求められている力量となっています。薬による治療法は、きちんと効果が証明されていることもあり、使い続けていくことで改善していくということは多々あります。また、近年では、新薬なども登場しているということから新型うつ病の治療方法なども格段に進歩しています。様々な治療方法や薬があるということは、それだけ苦しんでいる患者さんにとっては希望が増えていくということでもあります。クリニックによっては、効果的な方法を開発して評価されているところなどもあります。基本的には、どれだけの臨床経験があるのかで医師の実力は大きく変化していくことも多いです。治療を続けても、効果が無いということであれば医師に対してきちんとそのこと伝えておくということも大事です。また、病院やクリニックなどの医療機関を変えてみるという選択をすることで好転していくということも多いです。医師との相性なども治療には、大きく関係していることから見直しを定期的にしてみることも必要です。新薬に関しては、副作用のこともきちんと聞いておくということが重要なポイントです。